書籍紹介(英単語) Duo 3.0

単語帳のなかでも真っ先に紹介したいのが、Duoです。Amazaonランキングでも常に上位にくるド定番の単語帳ですが、開発当初はその斬新過ぎる内容ゆえになかなか出す出版社が見つからなかったのだとか。

現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語を重複なしで560本の英文に凝縮!
(さらに『DUOセレクト』では、377本の英文に厳選)。

重要な単語やフレーズがひとつのセンテンスのなかにコンパクトにぎっしりと詰め込まれているため、一文を覚えるコストパフォーマンスが高く、人気です。一文ごとに覚える単語が多いため、初級者から中・上級者と後々まで使えます(逆に言えば、単語暗記の「かみ応え」はハードなため、「難し過ぎる」と感じたら、もう少し簡単めの単語帳からスタートしたほうがいいでしょう)。

また、ただのセンテンスの羅列にとどまらず、ちょっとしたストーリーも隠されています。
なかでも、何かとお騒がせなBObという人物に注目してみると思わぬ発見があるかもしれません。

 

通常版のほかに、英文だけが読まれて1時間ほどで復習できる「復習用」や
よリ文章を厳選した『DUOセレクト』もあります。

オンライン英会話QQ English代表の藤岡さんも40歳を超えてから英語の勉強を始め、
まずは『DUOセレクト』を使った徹底反復による大量インプットを勧めています。
(参考記事:東洋経済「『なぜか英語ができない人』に欠けている視点」

「コスパ最強!」「英単語本の金字塔」として、この本を挙げますが、強いて難点を挙げるとすれば、
音読やシャドーイングのくり返し練習として使うのには、つっかえやすいので向いてないと思います。
(重要単語や語句が凝縮されているこの本の性質上、仕方のないことです)

音読やシャドーイングには、もっと読みやすいやさしい英文のものを使うといいでしょう。