スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ(1)

スタンフォード大学の卒業講演で行われた、未だ語り継がれるスティーブ・ジョブズの伝説のスピーチを紹介します。15分という短い中で、人生における3つの教訓について話しています。内容ごとに、いくつかに分けて掲載します。ここでは、ジョブズが語った最初の教訓のうちの前半、ジョブズの出生について語った部分を掲載します。

(全文)
I am honored to be with you today at your commencement from one of the finest universities in the world. I never graduated from college. Truth be told, this is the closest I’ve ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That’s it. No big deal. Just three stories.

世界で最も素晴らしい大学のひとつであるスタンフォード大学の卒業式で今日、みなさんとご一緒できることを光栄に思います。私は大学を卒業したことがありません。正直言って、これが私にとって初めての大学卒業の経験です。今日はみなさんに、私が人生で得た3つの教訓をお話します。3つだけです。大したことありません。たった3つのお話です。

The first story is about connecting the dots.

最初の話は、点をつなげるということについてです。

I dropped out of Reed College after the first 6 months, but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit. So why did I drop out?

私は最初の6カ月でリード大学を中退しましたが、本格的に辞める前にさらに18カ月かかりました。それでは、どうして私は中退したのでしょうか。

It started before I was born. My biological mother was a young, unwed college graduate student, and she decided to put me up for adoption. She felt very strongly that I should be adopted by college graduates, so everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife. Except that when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl.

それは私の生前に始まりました。私の実の母親は若く、未婚の大学院生だったため、彼女は私を養子に出すことに決めたのです。彼女は私が学部卒の親によって養われることを強く望み、それで私が生まれてたら弁護士とその妻の許に引き取られるべく、すべてが準備されていました。ただひとつ想定外だったのは、私がポンと生まれたとき、最後の瞬間で弁護士夫婦が「やっぱり女の子が欲しい」と決めたことでした。

So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night asking: “We have an unexpected baby boy; do you want him?” They said: “Of course.” My biological mother later found out that my mother had never graduated from college and that my father had never graduated from high school. She refused to sign the final adoption papers. She only relented a few months later when my parents promised that I would someday go to college.

それで、ウェイティング・リストに載っていた私の両親に深夜、電話がかかってきました。「期待していなかった男の子だったんだけど、あなたたちは彼がほしい?」。私の両親は答えました。「もちろん」。私の生物学上の母親はのちに、私の母親が大学を出ておらず、私の父親にいたっては高校すら卒業していないことを知りました。彼女は養子縁組の最終書類にサインするのを拒否しました。数か月後、私の両親が私をいつか大学に行かせることを約束すると、彼女は考えを変えました。

And 17 years later I did go to college. But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition. After six months, I couldn’t see the value in it. I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out. And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life.

それから17年後、私は大学へ進学しました。しかし、私は世間知らずにもスタンフォード大学と同じぐらい高い大学を選んでしまったのです。労働者階級である両親の貯金はすべて私の大学の授業料へと消えました。6か月後、それだけの価値があるとは私には思えませんでした。人生で何をしたいかなんてわかりませんでしたし、大学がそれを考えるのにどう助けてくれるかなんて見当もつきませんでした。私は、私の両親が一生をかけて貯めたお金をひたすら浪費しているだけでした。

naively;愚直にも、世間知らずにも/working-class;労働者階級の

So I decided to drop out and trust that it would all work out OK. It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made. The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn’t interest me, and begin dropping in on the ones that looked far more interesting.

それで、私は退学を決めました。何とかなると思ったのです。その時はとても不安でしたが、振り返ってみるとそれは私の人生の中で最良の決断でした。ドロップアウトした瞬間から、私は興味のない必修授業を取るのをやめ、もっとずっと面白そうな授業に出始めました。

(つづく)

↓抜粋部分の音声です。くり返し何度も聞いてみましょう。