ルーズベルトの英語 Man in the Arena

テディーの愛称で親しまれたルーズベルト大統領の1910年の有名な演説、The Man In the Arena(舞台に立つ男)を引用します。

It is not the critic who counts;
批判なんて、どうでもいい。

not the man who points out how the strong man stumbles,
その強者がどれだけつまづいかを指摘したり、

or where the doer of deeds could have done them better.
行動力ある実践家ならもっと上手くやれたといった粗探しはどうでもいい。

The credit belongs to the man who is actually in the arena,
名誉はすべて、実際に舞台に立つ男のものである。

whose face is marred by dust and sweat and blood;
その顔は、埃と汗と血でまみれている。

who strives valiantly; who errs, who comes short again and again,
勇敢に戦い、失敗し、何度もあと一歩及ばないことの繰り返しだ。

because there is no effort without error and shortcoming;
なぜなら、失敗や欠点をなくしては、努力もないからだ。

but who does actually strive to do the deeds;
ところが、実際に戦い、実行する者、

who knows great enthusiasms, the great devotions;
最大の熱狂と最高の献身を知る者、

who spends himself in a worthy cause;
価値ある志のために自分を捧げる者、

who at the best knows in the end the triumph of high achievement,
最善の場合、最後に勝利の高みを極めるのは彼らなのだ。

and who at the worst, if he fails, at least fails while daring greatly,
最悪の場合、失敗したとしても少なくとも全力で挑戦した結果の敗北だ。

so that his place shall never be with those cold and timid souls who neither know victory nor defeat.
ゆえに、彼らの魂が眠る場所は、断じてヤツらと同じではない。
勝利も敗北も知らない、冷たく臆病な魂とは。

〈以下、該当部分の音声を別途掲載します。〉