イギリスとトランプに釘をさすモゲリー二氏の英語

イギリスとの早期の交渉に入りたいと漏らしたアメリカのトランプ大統領に対し、フェデリカ・モゲリー二氏が「勝手なことすな!(現段階ではイギリスはEU諸国の一員なので、イギリス単独での交渉は認められない!)」と反発しました。静かな憤りを潜ませた1分間のステートメントをお聞きください。何度も登場するas long as…(~する限りは、~である以上)も確認しましょう。

I would like to specify one thing that we discussed also with Boris Johnson [UK Foreign Minister] today and he was agreeing with me:
ひとつハッキリさせたいと思います。今日(イギリス外相の)ジョンソン氏とも議論し、彼も私に同意しています。

it is absolutely clear on the European Union side that as long as a country is a Member State of the European Union, which is something that the UK is at the moment, seven months after the referendum still.
EU側としては完全に明らかですなのです。国民投票から7か月たった今も依然、イギリスが現段階ではEU諸国の一員である限りは。

So maybe this has also to be taken into consideration: seven months after the result of the referendum they are still here and we are still 28.
ですから、このことも考慮にいれるべきかもしれません。国民投票の結果から7か月たった今もイギリスはまだEU諸国であり、28の加盟国は健在なのです。

As long as a Member State is a Member State, there are no negotiations bilaterally on any trade agreement with third parties.
加盟国は加盟国である以上、第三者との貿易協定において、二国間での交渉は認められません。

This is in the treaties and this is valid for all Member States as long as they remain Member States, until the very last day.
これは条約です。その国がまだ加盟国である限り、その最後の日まですべての加盟国に対して適用されます。

I think this is fair for me to specify, because this is a framework that we all share, including the United Kingdom in this moment.
はっきりさせておいたほうがフェアでしょう。なぜなら、これは我々のすべてが共有する枠組みだからです。現段階では英国も含めてです。