俺はマフィアが恋しいよ(デレク・シヴァーズ)

今回紹介する文章はTEDスピーカーとしても有名なデレク・シヴァーズの朗読音声とテキストです。デレクが、マフィア(mob)が恋しいというタクシー運転手の話から得た教訓とは?

I was in Las Vegas for a conference, taking a taxi from the airport to the hotel.
会議のためにラスヴェガスにいたとき、空港からホテルまでタクシーを拾ったんだ。

I asked the driver, “How long have you lived here?”
ドライバーに聞いてね。「ここに住んでどれぐらいなの?」

He said, “27 years.”
彼は答えた。「27年だね」

“Wow! A lot has changed since then, huh?”
「わあ。それじゃあ、ずいぶんと変わってしまったんじゃない?」

“Yeah. I miss the mob.”
「ああ。マフィアがいた頃が恋しいよ」

“Huh? Really? What do you mean?”
「え?マジで? どういう意味?」

“When the mafia ran this town, it was fun.
「マフィアがこの街を支配していた頃は良かったよ。

There were only two numbers that mattered: how much is coming in, and how much is going out. As long as more in than out, everyone’s happy.
その頃はふたつのことだけが重要だった。いくら入って来て、いくら出ていくかのふたつだ。支出より収益が多けりゃ、それでみんな幸せだったんだ。

But then the whole town was bought up by these damn corporations full of MBA weasels micro-managing, trying to maximize the profit from every square foot of floor space.
でも、それからチマチマと小ずるいMBAの連中がウヨウヨいるくだらない会社がこの街全体に蔓延るようになって、床面積の平方フィートの隅々まで利益を最大化しようとするようになってよ。

Now the place that used to put ketchup on my hot dog tells me it’ll be an extra 25 cents for ketchup! It sucked all the fun out of this town! Yeah… I miss the mob.”
ホットドッグにケチャップをかけていた店が今じゃ、ケチャップは別途25セントだとか抜かす始末よ! この街から楽しみはすべて消え失せちまった。ああ、マフィアの時代が懐かしいよ」

(Sure we could bring up other issues with the mob, but let’s just leave it as a metaphor and a lesson.)
もちろん、マフィアは別の問題をもたらすよ。でも、ここではある種のメタファーや教訓捉えておこう。


I told this story a lot at CD Baby.
CD Babyでこの話は散々したんだ。

Sometimes MBA types would ask me, “What’s your growth rate? What’s your retained earnings rate as a percentage of gross? What are your projections?”
MBAタイプの連中がたまにぼくに聞いてくるんだ。成長率は?
グロス当たりの利益剰余金率は? 見積もりはどう?

I’d just say, “I have no idea. I don’t even know what some of that means. I started this as a hobby to help my friends, and that’s the only reason it exists. There’s money in the bank and I’m doing fine, so no worries.”
ぼくはただこう答えることにしている。「さあね。それがどういう意味かもわからないな。ぼくは友達を助けるための趣味としてこれを始めたわけだし、それが唯一の存在理由だからね。銀行にお金はあるし、ぼくは上手くやってる。だから心配ないよ」

They’d tell me if I analyzed it better I could maximize profitability.
彼らはぼくに言う。分析したら、利益を最大化できるって。

Then I’d tell them about the taxi driver in Vegas.
そしたら、ぼくはヴェガスのタクシードライバーのことを話すことにしているんだ。

Never forget why you’re really doing what you’re doing.
自分が今していることを本当の理由を決して忘れないようにね。

Are you helping people?
人の役に立っている?

Are they happy?
その人たちは幸せ?

Are you happy?
あなたは幸せ?

Are you profitable?
もうかっているかい?

Isn’t that enough?
それで十分じゃない?

今回紹介した英文は下記の書籍に収録されています。